チェコ語と、ビール。

ビール好きのチェコ語学習記録。

チェコ語|時間軸の表現方法。単純現在と単純未来。

f:id:iwairyoui:20210119234733j:plain


|Od roku 2019|

 §  チェコ語学習|596日|1年7ヶ月と18日

 §  ヒアリング時間|1154時間

 

***

 

自分でタイトルを書きながら、自分で意味不明に陥る…

現在、A1レベルからA2レベルの文章を目で追いながら、頭の中で唱えながら、書いてあることを想像する練習に一番時間を割いている。

 

ほとんどが知っている単語だから想像も容易い。

そこでふと気がついたことがあって、それが本当かどうかわからないけどそんな気がする??

を表現したのが今日のタイトル。

 

 

チェコ語は、単語を変化させることで、それが単体なのか複数なのか、今・過去なのかを表すことができる。

 

動詞を変化させるのだけど、未来だけは存在動詞と言われている<být>を変化させて、その直後に置かれる動詞は変化させなくてもいい、ような気がする。

 

|Dnes budeme mluvit o mně a o vás.

2番目の動詞が、<私たち+未来>のことを表している。

だから、3番目の動詞|話す|は見出し単語のまま。

|話す|に私たちと過去の概念を加えると単語はこう変化する。

|mluvit|→|My jsme mluvili|

だけど、未来は

|Dnes budeme mluvit o mně a o vás.

 

ならば、|学ぶ|učit se|はどうだろうか。

と調べてみる。すると。

彼+過去はこう変化する。

|učit se|→|On se učil|

だけど、未来は

|On se bude učit|

やっぱり。

 

ということは、未来の表現は見出しの動詞単語でいい可能性が高い。

それは、その前の<存在動詞>を使って、時間軸をコントロールするから。

 

だったら、<存在動詞/být>を頭に入れておけばいいのか。

 

|já|budu

|Ty|budeš

|On|bude

|Ona|bude

|My|budeme

|Ty|budete

|Oni|budou

 

で、その後に続く動詞は、|動詞+でしょう|という概念がピッタリくる。

話す でしょう。

行く でしょう。

理解する でしょう。

買う でしょう。

見る でしょう。

それが|私、あなた、私たち、彼、彼女|で変わる。

 

私は、来年チェコに旅行し、そこでビールを飲むでしょう。

|Příští rok se chystám do České republiky. Budu pít pivo.

下線で、飲むでしょう。を表現する。

そして、何を飲むのかは、最後の名詞で表現。

もちろんビールである。

 

言語、超面白い。