チェコ語と、ビール。

ビール好き。ある朝に突如チェコ語を話したくなった人。趣味の映画鑑賞・読書・音楽についても時々。モットーは直心是道場。チェコ語を学習する中での細かい発見の記録がメインです。

チェコ語|30 DAY SPEAKING PRACTICE|DAY16

チェコ語レーニング|260日目|8ヶ月と17日経過

 

f:id:iwairyoui:20200508124404j:plain

 

今日は、接続語を頑張った。

接続語を制するもの言語を制する。と、勝手に思い込む私。

それくらい最近、接続詞の重要性を痛感しております。

 

mám。これは接続じゃないけど、とても大事。
英語のI have

jaké -what
jaký -what
jakou -what
také -also
tak -so
toto -this
tamten -that
to je  -it is
až -to
v -in
i -and
a -and
co to je -what is it 
chci -i want
jít -go
pít -drink
jidlo -food
jíst -eat
z -of
na -on


そして、そのまま文法解釈に進みました。

 

Snížení daně z příjmů na patnáct procent není realistické, říká Hamáček.
Reducing income tax to fifteen percent is not realistic, says Hamáček.

 

これをざざっと、解釈すると。

 

Snížení 下げる。カット
daně z příjmů  所得税
na patnáct procent  15%
není realistické,  現実的でない
říká Hamáček. といった。Hamáčekは。

 

同時通訳ってこんな風ですよね。

 

日本語的な解釈で外国語を理解しようとするのをやめる。

 

これが大切なのかも。

日本人の知り合いが、いきなり。

下げる所得税15%は現実的ではない。って〇〇さんが言ってた。

って言い出したら…???ってなりますもん。

 

英語の学び方とか、リスニングとかあるけど実は、外国語と日本語はそもそも構成が違うってことに気づくことが一番大事じゃないのかなと思う今日この頃です。