チェコ語と、ビール。

ビール好きのチェコ語学習記録。

チェコ語|フレーズ|On je můj přítel

f:id:iwairyoui:20200603105311j:plain

 

|2019-|----------------------------------

§  チェコ語学習|543日|1年5ヶ月と26日

§  ヒアリング時間|1076時間

§  学習トータル時間|1612時間

-------------------------------------------

 

|2021-|-----------------------------------

§  イタリア語学習|120日|

§  ヒアリング時間|27.7時間

§  学習トータル時間|15.6時間

-------------------------------------------

 

***

 

本日のビール

 

サントリープレモルを。

個人的な好みですが、あまりサントリーのビールを飲まないです。

久しぶりに、プレモルを飲んでみました。

 

個人的にエール酵母が好きらしく。

エールビールが飲みたいですね。

なので、プレモルも「香るエール」の方が好みかなー。

 

www.suntory.co.jp

 

***

 

脳内でチェコ語が湧く

 

脳内で、チェコ語ぶつぶつつぶやく。

が効果を発揮しつつあります。

 

表題の、意訳は「彼は僕の友達なんだ」

なのですが、学習アプリで

Toto je moje nejlepsí kamarádka

彼は私の親友ですと表現されており

どっちが本当なんだ!

とか思いつつ

両方ぶつぶつと呟き続けてみました。

 

この、つぶやく行為。

かなり効果的です。

 

もはや意味とか関係なくて

ずっとチェコ語のフレーズを呟き続けると、そう言うもんだとか、チェコ語を話せている自分がいるって体全体が錯覚を起こします。

 

この錯覚って非常に重要で、ぶつぶつとつぶやいたチェコ語を耳で聞くと、脳内がちょっとした錯乱状態になるので、そこを突いて、ずっと呟き続けます。

 

そうすると、自分がチェコ語を話しているって思い込むようになります。

この錯覚状態がとてもいい刺激で、単語の意味とか文法とかをあまり知らなくても

 

話せている自分

を認識することが言語学習は非常に重要で

英語でも同じだと思います。

 

どれだけたくさんの単語を頭に詰め込んでも

どうも、英語を話している自分がイメージできないのは英語の単語とか文法が、コミュニケーション道具である言語の本質から離れているからではないでしょうか。

 

Toto je moje nejlepsí kamarádka

これは音は

トト イエ モイエ ネイレプシィ カマラートカ

です。

 

本当に気が狂ったかのように

ずっとこの単語を呟き続けると

日本語訳とか、この意味は?

の執着が取れて、

 

「俺の親友なんだ」

を表現している文だと理解できます。

 

 

***

 

日本語の勉強でも多分みんなが悩んでるんじゃないかな。

 

|彼は私の大切な友人です。

って、言います?

 

言語の学習教材って、どうしても文法とかを教える方向にシフトしているため

なんか妙な言い方多いんですよね。

 

なので。

 

チェコ人に、翻訳だとこうなっているけれど、ナチュラルなチェコ語はどう言うの?

と、いつも質問しています。

 

|どげんなっとーと?

こんな日本語でもまあ一応日本人なら伝わるはず。

 

早く、ナチュラルなチェコ語を話せるようになりたいですが。

 

頭の中に、チェコ語の倉庫がちゃんと作られたら

絶対にチェコ語ペラペラになるはず。

そこを信じて、地味なトレーニングを今日も行います。