チェコ語と、ビール。

Český jazyk a pivo

チェコ語|tandemチャットの内容から文法を考える

チェコ語学び|328日|10ヶ月と23日||チェコ語ヒアリング時間|651時間

 

f:id:iwairyoui:20200326171036j:plain

 

本日は、言語学習アプリでチャットしている生のやりとりからチェコ語の文法について考えようと思います。

 

あ、

 

f:id:iwairyoui:20201013185354j:image

 図書館に行ったら、旅の指差し会話帳があったので思わず借りてしまいました。

名前の通り、指差してここにいきたいと言うことができる便利な旅のお供です。

 

さて、今日の本題です。

 

彼からのメッセージは、スロバキアチェコでは今、感染者が増えているという話でした。

日本はどう? と聞かれたのですが、その時に、「毎日の事件はどう?」と来たので、「おそらく「毎日の発生?」じゃないかと思って、聞き返した時に帰ってきた文面です。

 

Kolik pripadu máte každy den v japonsku.Proto jsem se ptal kolik pripadu.

 

パッとみたとき。

<každy den v japonsku>

ここが最初に目に入りました。意味は、<毎日日本で>

<kolik>は値段聞いたりする時、時間を聞くときに使う言葉です。

kolik to stojí? コリック ト ストイー いくらですか?

kolik je ted hodin? コリック イエ テッチ ホジン 今何時ですか?

 

で、<máte>がよく出てくるけどイマイチ使い方のわからない言葉です。

ありますか? のようなニュアンスだと思うのですが。

 

まとめると、

Kolik pripadu máte každy den v japonsku?

何件 あります 毎日 で 日本?

話し言葉だと、これくらい短いフレーズは一気に聞くでしょうから、全部聞いてから、

日本の発生件数を聞いている。と理解できます。

 

ちゃんと英語やっていればよかったです。ほんと。

 

次。間には、感染事例とは感染者数のことで、チェコでは重要視されている。

のあとのフレーズです。

 

Proto jsem se ptal kolik pripadu.

<proto なので ですから>という意味合いです。

似たような言葉でよく使われるのは

<takže そう> と <protože なぜなら>

続く<jsem> は英語のbe動詞なので、無視。

<ptal 尋ねる>

 

まとめると

だから 尋ねた 件数を

となります。

 

外国語の文法構造を理解しないといけないと再度実感。